小さなKURUMA & ねこ。
ミニカー・プラモデルをはじめとする「ガラクタ」や愛猫「ミトラ」、観光地・行楽地の話、お気に入りのスウィーツ(洋菓子・和菓子)などなどを気ままに紹介していきます。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
甲斐善光寺(山梨県甲府市)
甲斐善光寺(かいぜんこうじ)

   甲斐善光寺 01

住  所; 山梨県甲府市善光寺3-36-1
電  話; 055-233-7570
拝観受付時間; 9:00~16:30
拝 観 料; 大人/500円 小人/250円 ※金堂+宝物殿

 永禄元年(1558年)、川中島の合戦の折、信濃善光寺の焼失を怖れた”武田信玄”武田家紋キイロが、その本尊と寺宝の数々を甲斐へ移し、信玄自らが開祖となり開いたのが『甲斐善光寺』です。

 その後、残念ながら江戸時代の宝暦四年(1754年)に、火災により金堂・山門など全てを焼失してしまい、現在の甲斐善光寺は、明和三年(1766年)から寛政八年(1796年)の完成まで、30年という年月をかけて再建されたものです。

「山門」※重要文化財 甲斐善光寺 02

「山門」より「本堂(金堂)」を望む 甲斐善光寺 03

「本堂(金堂)」※重要文化財 甲斐善光寺 04

金堂内「鳴き龍」 甲斐善光寺 05

 とはいうものの、現在の金堂・山門もともに堂々たる木造建築物であり、東日本最大級の伽藍(がらん)として広く知られています。
 武田神社(武田氏館跡)からも比較的近いので、『風林火山』武田家紋アカゆかりの地のひとつとして、立ち寄られる事をオススメします。

それでは、またhand02もくもく02zoomzoom008


カウンター




風林火山 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) 風林火山 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
NHK出版 (2007/06/25)
日本放送出版協会

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。