小さなKURUMA & ねこ。
ミニカー・プラモデルをはじめとする「ガラクタ」や愛猫「ミトラ」、観光地・行楽地の話、お気に入りのスウィーツ(洋菓子・和菓子)などなどを気ままに紹介していきます。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
八王子城(東京都・八王子市)
八王子城(はちおうじじょう)
※国指定史跡
※日本100名城

八王子城 01

<八王子城跡>
住  所; 東京都八王子市元八王子町3-2715-2
問合せ先; 042-620-7265(八王子市教育委員会・生涯学習スポーツ部文化財課)
利用時間; 8:30~17:00(駐車場、トイレの利用、パンフレットの配布)
        ※散策のみは自由

八王子城は、天正12年(1584)ごろから北条氏康の次男・氏照によって築かれた後北条氏の支城のなかでも最大規模の山城です。
しかし、天正18年(1590)に”豊臣秀吉”の関東制圧・小田原攻めにより、前田利家・上杉景勝軍に攻められ、わずか1日で落城してしまいました。
この時、城主・氏照は、秀吉の北条討伐に備えて北条家四代当主・氏政とともに「小田原城」に籠城しており不在でした。
その後、氏照が籠城していた「小田原城」も、秀吉軍の大包囲網に開城をよぎなくされ、氏照も氏政とともに秀吉に切腹を命じられました。

「本丸跡」は山の頂上にあり、管理棟から片道40分ほど山道を歩く必要がありますので、歩きやすい服装・靴をオススメします。
八王子城 03

「本丸跡」に登る途中の景色。晴れていれば、新宿の高層ビル群も見られます。
八王子城 02

「古道」=御主殿へ入る道
一方、「御主殿跡」側のエリアは、復元・整備されつつあります。
八王子城 04

「曳橋」=古道から御主殿で渡る橋
八王子城 05

「虎口」=城(御主殿)への入口
当時の石垣や石畳を活かしながら、復元してあります。
八王子城 07

「冠木門(かぶきもん)」
八王子城 08

「御主殿跡」
ぜひここに「御主殿」を復元してもらいたい、と思います。
八王子城 09

「御主殿の滝」では、落城時に御主殿にいた婦女子や武将たちが自刃し身を投げたといわれ、その血で川の水が三日三晩赤く染まった、と言われています。
八王子城 10


それでは、またもくもく02もくもく02もくもく02zoomzoom007


無料blog




スポンサーサイト

テーマ:史跡巡り - ジャンル:旅行

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。